自分を見つめなおしたい時に読むべき『「原因」と「結果」の法則』
自分を見つめなおしたい時に読むべき『「原因」と「結果」の法則』 はコメントを受け付けていません。

自分を見つめなおしたい時に読むべき『「原因」と「結果」の法則』

原因には必ず結果がある

『「原因」と「結果」の法則』という書籍を読んだことがあるでしょうか。
ジェームズアレンという方による書籍で、長年に渡り読み続けられている成功法則と呼ばれるジャンルの書籍です。
比較的すぐに読める書籍なのですが、書かれていることはとても深いもので、日々の生活に活かすことで豊かな生活を送るのに役立ってくれます。

語られていることはシンプルで、結果には必ず原因があるということが書かれています。
これだけ聞くとそれだけかと思ってしまいがちなのですが、これはとても深いです。
多くの方がこのことを忘れてしまっており、それによって日々の様々なトラブルが起きてしまっています。

結果の前に必ず原因がある

嫌なことが起きた時に、多くの方は「どうしてこんなことが起こるんだ」と考えてしまいがちです。
これは、自分のコントロールできない所でこうしたトラブルが自分に起きた不運に嘆いている状態です。
ですが、ジェームズアレン氏はこの考え方は間違いであるとしています。
本当は、自分が過去に行なった行動が原因となって、今の結果が現れてきていると考えるのが正しいとしています。

物事の中には色んなコントロールできないことが起こっているように見えますが、それは実は自分の小さな行動が原因になっていたりします。
つまり、原因となる自分の行動を良い結果をもたらすような行動に変えていけば、自分に起こる結果も変えていくことができるというのが、この書籍が伝えたいことです。
確かに言われてみればそうなのですが、多くの方がどうしても目の前の理解できない状況に直面すると、その理由を外に求めてしまいがちです。
ですが、全ての原因は自分にあると考えることで様々なことがコントロールできるようになるのです。

この書籍はとても薄く、他の書籍と比べても読みやすいのですぐに読んで学ぶことができます。
成功法則というのは様々な書籍で詳しく語られていますが、実はシンプルなものだということがこの書籍から分かります。

知っただけでは意味がない

この書籍を読んだら、まずは行動することを意識すると良いでしょう。
結果には原因がある、このことを知っただけではあまり人生に大きなインパクトはありません。
ですが、このことを実際の生活に落とし込んで、良くない原因が良くない結果を生み出しているなら、良い原因だけになるようにしようと思って行動することがとても大切です。
もちろん誰しも人間なので全てを良い行動にするのは難しいかもしれませんが、意識することで確実に良い方向へ変えていくことができるはずです。

この積み重ねで、次々に良い結果を起こせるようになり、あなたの人生を変えていくことができるようになります。
発売されてからかなりの年数が経っていますが今でも読み継がれている名著と呼ばれる書籍です。
ぜひあなたもその学びを生活に活かしてみてほしいと思います。

Author

Related Articles

Back to Top