人前で話すことになった時に読みたい、失敗しないスピーチのコツ
人前で話すことになった時に読みたい、失敗しないスピーチのコツ はコメントを受け付けていません。

人前で話すことになった時に読みたい、失敗しないスピーチのコツ

ビジネス

スピーチをすることになったら

生活の中ではスピーチをする機会があることもあると思います。
スピーチはたくさんの人の前で話すことになるので、緊張して上手く話せないという方も多いです。
ここではそんな方のために、効果的なスピーチの方法をご紹介します。
これを参考にして頂くことで、あなたも効果的なスピーチにグッと近づけるはずです。
ぜひ取り入れて周りの人を惹き付けるスピーチをしてみて欲しいと思います。

失敗しないスピーチのコツをご紹介

失敗しないスピーチのコツの一つめとして、まずは原稿を用意しないということが挙げられます。
原稿を用意するとどうしてもその原稿どおりに話さないといけないという気持ちになってしまいます。
そして、原稿の内容を忘れてしまうと、緊張はさらにアップします。
どうしようという気持ちがスピーチの雰囲気をより冷たいものにしてしまうので、できれば原稿はこの際用意しないことをおすすめします。

最初はとても怖いかもしれませんが、話すことのアウトラインだけを決めておき、あとは自由に話すという形にしておく方がのびのびとした良いスピーチができるようになります。
原稿の準備は一見完璧のように見えてあまり適切ではありませんし、どうしても原稿に書かれたことを読んでいるだけという印象を与えてしまいやすくなってしまいます。
周りの方に響くスピーチは多くの場合アドリブです。
まずは原稿をやめましょう。

二つめに、先ほども少し触れましたが、話す内容のポイントだけを考えておくということです。
忘れないように3つくらいの短いポイントを覚えておくようにすると、しっかりとためになる話も取り入れた内容にすることができます。
ポイントも絞らずにスピーチしてしまうと内容がぼやけたものになりやすいので、スピーチの中の要所は決めておく必要があるのです。
逆に言えばこの大枠となるポイントが作れているだけでも、ぐっと内容は濃いものになります。

ポイントだけを作るなら比較的時間もあまりかからずに作ることができます。
15分もあれば作ることができるので、スピーチの原稿を作らないといけないと直前に焦ることもなくなります。
スピーチ当日の移動中などでも間に合うので、取り入れてみることをおすすめします。

また、お酒が飲める席であれば、酔いすぎない程度に飲んでおくのも効果的です。
お酒は飲み過ぎるとハメを外してしまうことがありますが、適度な量は気持ちを程よくリラックスさせてくれる効果があります。
結婚式のスピーチなどではお酒を飲むことができるので、多少飲んでおくと良いでしょう。
そうすれば緊張もほぐれてスムーズに話しやすくなります。

あまり気合いを入れすぎないことも大切

スピーチはつい頑張ろうと思いがちです。
ですが、そうすると失敗しやすくなってしまうので、ある意味気楽に臨んでみてくださいね。

Author

Related Articles

Back to Top