運転中にiPhoneの操作が可能!Appleの車載情報システム
運転中にiPhoneの操作が可能!Appleの車載情報システム はコメントを受け付けていません。

運転中にiPhoneの操作が可能!Appleの車載情報システム

IT

Appleの新商品がついに登場

様々な斬新な商品を展開して多くの方を惹きつけているAppleですが、また新しいサービスがまた新しい商品を投入しようとしています。
それが車の中でAppleのOSの機能が使えるようになるCarPlayというものです。

iPhoneやiPadにはiOSというソフトが入っており、電話やマップの閲覧、様々なアプリの利用などの機能を使うことができます。
これをカーナビの画面に表示させて、車の中でも通話などができるものになっています。

これまでにもiPadをカーナビの代わりにしたり、Bluetoothの機能を使って通話をするなどの活用はされてきていましたが、CarPlayはより車での使用に特化しています。
そのため様々な新しい活用の仕方が検討されており、またAppleが車の中楽しみ方を変えてくれると期待されています。

CarPlayは導入されるメーカーが決まっている

CarPlayを使いたいと思ったら、現状はCarPlayが搭載される車を購入することになります。
導入される車メーカーは海外のメーカーが中心となっています。
メルセデスベンツやBMW、ヒュンダイやジャガーなどにも導入が決まっています。
また、もちろん日本の国内メーカーにも導入が決まっており、トヨタや日産、三菱、スズキなどにも導入が決まっています。

現状はまだCarPlayを搭載したモデルは発表になっていませんが、今後は主流になることも予想されており、車の買い替え需要なども増えることが予想されます。

CarPlayはiPhoneの機能を車用にアレンジしたような仕様になるため、新しい使い方が見出される可能性もとても高いと言えます。
今後の車がどのように変わっていくのか気になるところです。

車で活躍してくれるSiri

CarPlayでより活用されることが期待されているのがSiriの機能です。
音声を認識して目的の機能を立ち上げてくれたり、様々な働きをしてくれるものですが、話題性がありながらも今ひとつ活用できている方は少ない状況です。
ですが、今後CarPlayが普及していくに当たり、この機能がとても大きな役割を果たしてくれる可能性があります。

車ではどうしても運転に集中するため、両手を自由にするのは難しいです。
スマホなどを手に取る時には停車中などが主でしたが、CarPlayで搭載されるようになれば両手がふさがっていても活用できるSiriは便利な機能として活躍してくれる可能性は十分あります。

このように様々な可能性のあるCarPlayは、今後もその展開が注目される商品です。
あなたもいち早く導入して、周りの方に差をつけるのも良いかもしれませんね。

Author

Related Articles

Back to Top