遂に新色登場!赤いiPhoneの発売開始
遂に新色登場!赤いiPhoneの発売開始 はコメントを受け付けていません。

遂に新色登場!赤いiPhoneの発売開始

IT

日本でも赤いiPhoneが登場!

2017年3月25日に発売されたiPhoneの新色、「赤」。
米アップルが21日に発表し、一気に話題にあがりました。
この「赤いiPhone」を発売した理由は、「世界エイズ・結核・マラリア対策基金」への寄付を目的としたものです。
世界40ヶ国以上の地域で売られることになり、日本では25日に販売を開始しました。
そんな赤いiPhoneですが、実は私もひっそり発売日に購入しました。
そんなわけで、今回は赤いiPhoneについて簡単にご紹介します。

赤いiPhoneの容量は128GBと256GBから選べる

日本でも発売された赤いiPhone。
用意されているのは、iPhone7と7プラスです。
そして購入できる容量は、128GBと256GBです。
アップルのサイトやアップル製品を取扱う販売店で購入できます。

ちなみに私は、iPhone7の128GBを購入しました。


背面は鮮やかな「赤」で表面は「白」。
そして付属品(イヤホン・充電器)も「白」でした(赤だとなお良かったけど)

私が機種変更になんとなく行ったところ、ちょうど赤いiPhoneの発売日で、店員さんに「在庫ありますよ!」と言われて思わず購入。
元々iPhone7にすることは決めていたので、とてもラッキーでした。

ちなみに本体価格は、他の色と特に変わらず。
ただし、販売店によって値段が違う可能性もあるので要注意です。
また、基本的に予約購入者が優先になりますので、確実に購入したい場合は予約をおすすめします。

赤いiPhoneに込められた意味

「世界エイズ・結核・マラリア対策基金」として、特別バージョンで発売された赤いiPhone。
この赤いiPhoneの正式名称は、「(PRODUCT) RED(プロダクト・レッド)」です。

このREDには意味があり、2006年に始まったエイズ撲滅運動のことを指します。
アップルは、これまでもREDに参加して様々な関係を作ってきました。
そんなREDが10周年を迎えたことを記念する意味で、発売された製品という位置づけでもあります。

さらに、赤いiPhoneは今まで発売されてこなかっただけに、かなりのインパクトがありますよね。
この赤いiPhoneが発売されることで、「世界エイズ・結核・マラリア対策基金」のプロモーションにもなりました。
実際、このことをきっかけにREDというプロジェクトを知った人も多いはずです。
そうしたことから、今回の赤いiPhoneは単純に新色を発売したというわけではなく、とても特別な思いがあってのことだといえます。

特別バージョンという位置づけの赤いiPhone。
これを期に、新しいiPhoneのカラーバリエーションになるかもしれません。
しかし、たった1度の特別カラーになる可能性もあります。
また、今後カラーバリエーションに加わっても、ここまで鮮やかな「赤」は、今回限りかもしれません。

赤いiPhoneを購入することで、「世界エイズ・結核・マラリア対策基金」に購入金額の一部が寄付されます。
今まさに、iPhone7や7プラスを購入しようとしている人は、赤いiPhoneの購入を検討してみてもいいかもしれませんね。

Author

Related Articles

Back to Top