Twitterがルール改定!他人への攻撃や嫌がらせに関する禁止事項を明確に
Twitterがルール改定!他人への攻撃や嫌がらせに関する禁止事項を明確に はコメントを受け付けていません。

Twitterがルール改定!他人への攻撃や嫌がらせに関する禁止事項を明確に

IT

Twitterがルールを変更しました

最近はソーシャルメディアが人気ですが、その中でも現在も利用している方が多いのがTwitterです。
手軽につぶやくことで情報を発信することができるツールとして多くの方が活用していますが、最近は活用する方が増えるにつれて、段々と使い方も多様化しています。

中には他の方への嫌がらせのようなつぶやきやヘイトスピーチなども見られるようになってきて、Twitterが炎上するニュースも聞かれるようになっています。
こうした事態からTwitterも対策を講じ始めています。
最近Twitterはルールの改定を行ない、こうした嫌がらせやヘイトスピーチを禁止するルールを設けました。
このルールに違反する場合、アカウントの停止や削除などのペナルティが行なわれることになっています。

このルールによってTwitter内のツイートの健全化が図られることが期待されており、今後のTwitterの動向に注目が集まっています。
日本でも表現の自由という言葉からTwitterで様々なツイートをする方がいました。
そして、自由なら何をツイートしても構わないというのは良くないという意見も以前から交わされていました、
それが今回のTwitterのルール改正につながったと見られており、大きな変化と言えます。

Twitterの日本法人の監視体制がポイント

元々Twitterは海外のサービスのため、日本語のヘイトスピーチに関してはTwitterの日本法人に任される形になっています。
そのため、今回のTwitterのルール改正が行なわれたことで、今後Twitterの日本法人の監視体制がどの程度行なわれるかがカギになっています。
日本でも様々なツイートをする方がおり、ニュースになってしまうようなものもあるため、そうしたツイートに関しては早期に削除などの対策が今後取られることが予想されています。

もちろん現状でも嫌がらせのようなツイートは控えるべきですが、今後利用する際には、より気をつけてツイートをする必要があると言えます。
ネットではつい強い口調でコメントなどを書く方もいますが、そうした方は今後Twitterを利用する際には気をつけた方が良いかもしれません。

Twitter以外のSNSでも注意しよう

Twitterは今回このようなルールを設けるに至りましたが、他のSNSやブログなどでも同様の動きは見られることが予想されています。
ネットの世界でも常識的なマナーはとても大切になるので、最近ちょっとマナーが足りていなかったという方はこれをきっかけに一度自分の投稿やコメントなどをあらためてチェックしてみると良いかもしれません。

Author

Related Articles

Back to Top