iPhoneの標準アプリを消す裏ワザ
iPhoneの標準アプリを消す裏ワザ はコメントを受け付けていません。

iPhoneの標準アプリを消す裏ワザ

IT

iPhoneの標準アプリって削除できないの?

スマホはiPhoneを使用している方も多いと思いますが、iPhoneには最初から入っている標準アプリと呼ばれるアプリがあります。
通常アプリはダウンロードして不要になったものは削除することができますが、標準アプリは削除することができません。
ですが、裏技的な方法で削除することができるので、どうしても削除したいという方はこの方法を使って削除することをおすすめします。

不要なアプリがなくなればよりiPhoneを自分好みの形でカスタマイズすることができて、生活の中での様々な効率もアップすることが期待できます。
一度マスターすれば比較的簡単なので、ぜひチェックしてみてほしいと思います。

標準アプリを削除する裏ワザをご紹介

標準アプリを削除する裏ワザは以下の通りです。
まずは、使わない標準アプリを一つのフォルダを作ってまとめるようにします。
画面を長押しするとアイコンが動かせるようになるので、まとめたいアイコンを重ねるとフォルダを作ることができます。

こうして一つにまとまったら、ロングタップをしてアイコンが揺れる状態にします。
そして、作ったフォルダを2ページめ、つまりホーム画面の次の画面に移動させます。
そして、これをさらに3ページめに移動させます。
これも同じ要領で移動させれば大丈夫です。

ここまできたら削除は目前です。
アイコンをロングタップして、その状態でホームボタンを押します。
すると、作ったフォルダのアイコンが削除できます。

意外と特別なことをしなくても、このような方法で削除することができます。
今まで削除したいと思っていたけれどどのように削除すれば良いのか分からなかったという方からは、本当に消えたという喜びの声がたくさん届いています。
その感想としては、本当に消えたという感想が多くなっています。
当たり前のことではありますが、消そうと思ってもなかなか消せなかったものを消す喜びはひとしおのようです。

完全に消えている訳ではない

ただし、この削除の方法は実は完全に削除できている訳ではありません。
あくまでも一時的に表示されなくなっている状態で、アプリ自体は正常に動く状態になっています。

その証拠に、再起動をするとアプリが表示されて元に戻るようになっています。
消えたのを戻したい時はこの方法を使用すると良いでしょう。

完全に消えていないものの、アイコンが見えなくなるだけでもありがたく、使うアイコンだけですっきりとまとめられるのは、こだわる方には嬉しいと思います。
ぜひ興味のある方はやってみて下さいね。
ちなみにiOS9以上のOSで可能になっているので、あなたのOSも確認してみてくださいね。

Author

Related Articles

Back to Top