「声」を鍛えるとメリットいっぱい!ボイストレーニングのススメ

ライフスタイル

声がいいと仕事ができるように感じる

ぼそぼそ話をする人よりもはきはきと滑舌よく話をする人の方がより仕事ができる印象がありますし、勿論上司受けもいいです。
声に張りがあると会議の時でも説得力がありますし、相手にもいい印象を与えるといます。

ずっと滑舌が悪いといわれてきたから自信がないなと思っていると余計に声が小さくなりますし、自信を持って発表できることでも、なんだか頼りない状態になってしまいます。
話し声が小さくても、ある程度声がいいと通りますので、最近はビジネスマンの中にも、ボイストレーニングにかよう人が多くなっているといいます。

自分の声に自信を持つことができると、自然と声も大きくなり、滑舌が悪い状態でも大きな口を開けてはっきり話をするようになるので、非常に男らしい印象になるといいます。

なぜ?ビジネスシーンで重要視される声

どうして最近、ビジネスシーンで声が重要志されるようになったのでしょうか。
商談、営業、電話での応対、色々な場面で人は声を使ってコミュニケーションをとります。
特に電話などでぼそぼそした声で話す人にはあまりいい印象を持ちません。

実際に会ってみると、なんだ仕事もできるしいい感じの人じゃないかと思うのに、電話応対の声が悪い、小さい、はきはきしていないことでかなり損をしていると考えられるのです。
自分のことに自身がないと、電話でも声の出し方が悪くなりますし、会議でも同じようにおどおどして聞こえて、声というのはコミュニケーションをとるためにも、非常に重要な要素です。

ボイストレーニングで、しっかりはっきり話ができるようになると、聞いている方も安心して利くことができますし、プレゼンしている内容もしっかり頭に入ってくるようになります。

ボイストレーニングで身につけたい短い時間で惹きつける声

ビジネスシーンでボイストレーニングの活用ができる、そこには、短い時間でも人を惹きつける声という魅力を持つことができるという事です。
言葉がはっきりしていて、ある程度の声のボリュームがあり、よく響き通る声になると、ちょっと声を発しただけで、人がはっと振り向く魅力を持つようになります。

違う人が話をしている時には、まったく耳に入ってこなかった話が、ボイストレーニングを受けたビジネスマンが話し始めると、そこにいる多くの方が耳を傾けるようになる、こういう魅力を持っています。
ボイストレーニングは、自宅でもできる方法がありますし、教室などもありますので自分の声が聴きにくいとか、滑舌が悪いなどコンプレックスを持っている方は、ボイストレーニングを受けてみる、また自宅でレッスンしてみるといいでしょう。
しっかりトレーニングできると自分でもびっくりするくらいのいい声になります。

Author

Related Articles

Back to Top