痴漢を疑われないために男性専用車両を望む声が増えている?
痴漢を疑われないために男性専用車両を望む声が増えている? はコメントを受け付けていません。

痴漢を疑われないために男性専用車両を望む声が増えている?

ライフスタイル

痴漢を疑われないために男性専用車両を望む声が増えている?

4月頃に、痴漢を疑われた男性が線路に飛び降り逃走するという事件がありました。
その1件があったせいか、ここ最近は、痴漢を疑われた男性が線路に入るということが頻発しています。
さらに5月初めには、痴漢に疑われた男性が線路に降り、死亡するということも起きてしまいました。

朝のラッシュで痴漢に疑われたら

朝の満員電車。通勤・通学をしている人ならわかると思いますが、時間帯・路線によっては乗車率100%を超えることもしばしば。
そのため、痴漢の容疑をかけられないためにも、ポジション取りが重要です。
とはいえ、多くの人で密室になる電車内ですので、何をしても容疑をかけられる瞬間もあるかもしれません。
こういった場合には、容疑をかけられたとしても論理的に反論できるようにしておくしか方法はありません。
両手は人に触れないように、片手はつり革、もう片手はスマートフォン。
しかも自分の胸の位置より上にあるということをアピールするのも大事です。
また、慌てて逃げる、線路に下りるなどの行為は、より疑いを深める逆効果になりますので冷静に対処しましょう。

男性専用車両の導入が求められている

映画にもなったように、日本では痴漢と容疑をかけられるだけでも社会的によくない印象を与えることになります。
実際に卑劣な痴漢男に関しては、決して許されるものではありません。
しかしやってもいないことの容疑をかけられ、社会的制裁を受けるなんてことはあっていいわけがないため、今後は冤罪に対する処置もしっかり行われる必要があるのです。

また、女性専用車両があるのであれば、男性専用車両があってもいいのではないかという声も増えています。
朝のラッシュで肉体的にクタクタになるのに、痴漢に疑われるんじゃないかと精神的な心配までしたくない、ということで男性専用車両を作るべきだという声があるのです。

痴漢に対して問答無用で逮捕する、というような処置はやめて、無実の人を苦しめるようなことにならない対策も必要ではないでしょうか。

Author

Related Articles

Back to Top